妊娠中のインフルエンザの予防接種について

最近は一段と寒くなっており、インフルエンザが気になる時期になってきました。もうすでに流行しており学級閉鎖などしている地域もあるようです。 妊娠中はとくにインフルエンザについて心配するかと思いますが、その予防接種について今回説明していきたいと思います。

まとめ

・インフルエンザの予防接種は不活化ワクチンを使用しており、胎児への心配される影響はない。
・インフルエンザの罹患によって、妊娠経過へ影響あり、妊娠中こそ受けたい。
・予防のため、予防接種以外にも、手洗い・うがい・マスク着用・加湿器などで乾燥対策・人混みを避けるなど。

予防接種の安全性

まず、予防接種(ワクチン接種)には、生ワクチンと不活化ワクチンがあります。インフルエンザの予防接種は不活化ワクチンを使用しており、胎児への心配される影響はありません。
ただし、妊娠中でなくても、インフルエンザ予防接種を受けられないもしくは注意が必要な人がいます。過去に重篤なアレルギー反応を起こした人、今現在重篤な急性疾患に罹っている人、明らかに発熱をしている人は、予防接種を受けることが適当でないとされています。
また、卵アレルギーを有する人は過去に重篤な副作用がなければ、基本的には予防接種は可能ですが、接種要注意者になっているので、アレルギー反応などの副作用に注意を要します。

妊娠中こそ受けたい予防接種

妊娠中にインフルエンザに罹ってしまうと、母親自身が重症化してしまうことがあります。インフルエンザの一般的な症状は、発熱・悪寒・関節痛、咽頭痛・鼻汁・咳嗽などの感冒症状が多いです。重症化すると、インフルエンザ肺炎やインフルエンザ脳症など引き起こし、意識障害や場合によっては死に至る事もあります。 また、妊娠中の場合、インフルエンザ感染による炎症によって、子宮収縮が誘発され、流産や早産になるリスクが高まります。
それらを予防するためにも、妊娠中にこそインフルエンザの予防接種は受けたいところです。

予防のために

インフルエンザの予防のために、ワクチン接種以外にも、手洗い・うがい・マスク着用すること大事です。
また、乾燥しているとウイルスが活発化するので、加湿器等を用いて乾燥対策をするようにしましょう。また、流行時期には人混みを避けることも重要です。

まとめ

インフルエンザの予防接種は不活化ワクチンを使用しており、胎児への心配される影響はないです。・インフルエンザの罹患によって、母体が重症化することがあったり、妊娠経過へ影響することがあり、インフルエンザの予防接種は妊娠中こそ受けたいところです。インフルエンザの予防接種以外にも、手洗い・うがい・マスク着用・加湿器などで乾燥対策・人混みを避けるなどの予防法があります。

投稿者: すべての女性のヘルスケア

 はじめまして。私は産婦人科医として総合病院で働いております。  女性の健康上の問題があったとき、なかなか人に相談できないこともあるかと思います。たとえば、「妊活したいが何をすればいいの?」、「妊娠したかもしれないがどうすればいいの?」、「妊娠中にやってはいけないことは?」「月経の量が多いですが大丈夫ですか?」「更年期症状が気になります」など様々な悩みがあります。  日々の診療で培われた知識・経験などを活かして、すべての女性の健康上の悩みに対して手助けとなるような情報を発信していきたいと思っております。  また2児のパパでもあり子育て世代にとって有益な情報や、趣味のジョギングに関する情報なども発信していきたいです。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。