妊娠中の薬について

妊娠したら薬は全く使ってはいけないと思っている人がいます。妊娠していない時にでも、薬には良い面も悪い面も多少の差はありますが持っています。

昔から、「クスリはリスク」とも言われています。実際の現場では、良い面と悪い面を比較した上で薬を使いかどうか判断する流れになってきます。
とくに妊娠中は、妊婦さん本人だけでなく、お腹の赤ちゃんにも影響のある薬もあります。

今回、妊娠中の薬について説明していきたいと思います。

まとめ

・クスリはリスク
・胎児への影響も考慮して薬を使用する
・必要のない薬は使わない。必要な薬はしっかり使うことが原則。

クスリはリスク

妊娠していない人でも薬を使う場合、知っておきたいことがあります。薬がもたらす作用の中で、その期待される効果以外の好ましくない作用は「副作用」と呼ばれています。
薬の種類によって多少の差はありますが、様々な副作用が起こる可能性があります。
ちなみに、薬がもたらす作用の中で、その期待される効果以外の好ましい作用は「副効用」と呼ばれています。

薬全般的にいえるものとして、アレルギー反応(外部から入ってきた薬を異物として認識して攻撃してしまうこと)による発熱・発疹・掻痒感などの症状を呈することがあります。
また、重症化すると血圧低下・呼吸困難感などのアナフィラキシーショックを来します。
他には、肝臓機能障害、腎臓機能障害などがあります。

市販されている薬などでは、それら副作用の頻度が極めて低いので、あまり問題になることはないので、普段気にせず使用する人が多いです。
医療機関で扱う薬などの場合は、副作用の頻度が高くなるものもあり、種類にもよりますがしっかりと良い面と悪い面を比べて薬を使用すべきかどうかを検討する必要があります。

妊娠中の薬

妊娠中の薬の投与に関しては、胎盤から薬が移行して胎児に影響を与えるかどうかという視点も重要になってきます。
とくに妊娠初期の胎児の器官形成期と呼ばれる時期(妊娠12週頃まで)では、胎児の形態異常などの影響がないかという点が大事です。
例えば、昔話題となったサリドマイドは、アザラシ様の四肢形態異常や胎児死亡などを引き起こしました。

また器官形成期以降では、理論的には胎児形態異常は引き起こさないですが胎児機能障害の影響がないかという点が大事です。
例えば、NSAIDs(痛み止め)に伴う胎児動脈管収縮、テトラサイクリン(抗生剤)による歯牙着色、ACE-I・ARB(血圧を下げる薬)による胎児腎障害などあります。

ちなみに、受精から2週間(妊娠3週末)までは、医薬品投与によって形態異常の出現率は上昇しないです。
これはall or noneの原則と言われていて、薬の影響で児にダメージが与えられた場合、そのまま児が死亡(流産)する可能性はあるが、死亡しなければダメージは修復され形態異常は引き起こらないです。
サリドマイドのデータ上でも、妊娠4週6日以降の服用で初めて形態異常が発生しており、それ以前の服用では形態異常は起こらなかったです。

原則としては、妊娠中でなくてもそうですが、「必要のない薬は使わないこと」が基本です。
また、逆に「母体に必要だと判断される薬は必要十分量使うこと」が同じように大事です。母体の健康が児の健康にもつながるので、我慢しないで必要な薬は使うことも重要です。

ただし、明らかに胎児や妊娠経過に影響を与えると判明している薬がいくつかあります。
それらを使うかどうかは専門的な判断を要するので、必ず主治医と相談してください。

まとめ

妊娠中でなくても、薬は良い面も悪い面も出る可能性があります。
クスリには目的としている効用以外の副作用が出てくるリスクがあります。
妊娠中は、それに加えて胎児への影響も考慮して薬を使用する必要があります。

必要のない薬は使わないことが原則になります。
逆に必要な薬は、我慢しないでしっかり使うことも大事です。

投稿者: すべての女性のヘルスケア

 はじめまして。私は産婦人科医として総合病院で働いております。  女性の健康上の問題があったとき、なかなか人に相談できないこともあるかと思います。たとえば、「妊活したいが何をすればいいの?」、「妊娠したかもしれないがどうすればいいの?」、「妊娠中にやってはいけないことは?」「月経の量が多いですが大丈夫ですか?」「更年期症状が気になります」など様々な悩みがあります。  日々の診療で培われた知識・経験などを活かして、すべての女性の健康上の悩みに対して手助けとなるような情報を発信していきたいと思っております。  また2児のパパでもあり子育て世代にとって有益な情報や、趣味のジョギングに関する情報なども発信していきたいです。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。